責任ある行動とは

投稿日: カテゴリー: 未分類

結婚をすれば、夫あるいは妻が、なんでもしてくれたり、助けてくれたりするだろうから、自分で頑張らなくってもいいんだ!

だなんて、まさかとは思いますが、考えてはおられないですよね?

結婚とは、庇護の関係性であるべきではないと思うのです。やはり、二人のお互いに独立した人間同士で作っていく何よりも優先し何よりも強い人間関係であるべきです。

それには、お互いに相手のことを考えながら過ごし、また活動したり、計画を立てることが、当たり前の重要性を持つでしょう。

男女は各々、もちろん同質では無いのですから、お互いに有利な要素は発揮していくべきですね。

でもそれは、頼り切るとか、無責任でいる、という方向には向かないと思います。

責任の取れる行動、なんていうのは、社会生活の基本の基本だとは思うのですが、それがもしかしたら軽視されているのですね。

時間や約束はもちろん、ご自分で仰ったことは守るということや、大切なものの順番を疎かにしない、ということ、そして何よりも貴方ご自身が確かな一人の人間であり、相手も同じようにそうである、ということを忘れないことです。

ごめんなさい、と言えばいい、

すいません、と言えばいい、

お金を払えばいい、

変更して貰えばいい、

などなど。

そんなことで済む簡単なことを、貴方はしているのですか?

どんなことでも、相手や周囲があり、人々の時間や手間やお金を費やしていることを忘れてはなりません。

それが、人に迷惑をかけない、ということ。

日本の最も優れた美徳だと思います。

図々しいのが勝ち、早い者勝ち、ズルいのが勝ち、欲張りが勝ち、、、

それで満足でしょうか?

損をしたくない、お徳なのが好き、、、

一時の小さな満足ではないですか?

誰も見ていなくても、

誰に褒められなくても、

きちんとした行いが、貴方を美しくし、

品位のある、お人柄にしてくれます。