言いたくないこと、聞かれたくないこと。

投稿日: カテゴリー: 未分類

これまで生きてこられて、いいことも、よくないことも、わるいことも、あったことだと思います。

忘れてしまいたいけれども、そうもいかないこともありますね。

ひとから聞かれたくない、その話題を出さないでほしい、ということも、ひとつ、ふたつ、お持ちかもしれません。

その一方で、言いたくはないけれども、言わなくてはならないこと、というものがあります。

お見合いをし、意気投合されたお二人は交際を始められるのですが、何度か会ったり、お電話やメールで連絡を取り合ううちに、次第に打ち解けて行かれるでしょう。

そして、プライベートなことを少しずつお話しされて行くでしょうし、ご家族のことや、ご自身のこれまでのことなど、あまり他人には話さないことも話すような間柄に近づいていくことは、当たり前のことですね。

ご自身があまり言いたくないのだけれど、ご結婚を考えられる方には、なんとしてでも言っておかなければならない、

と考えておられることがあるならば、もちろん、言っておくべきだと思います。
また、これだけは聞いておきたい、ということがお相手にあるならば、躊躇なく聞かせてほしいとお伝えするべきです。

そして、また、そのときはお話しの仕方、言葉の選び方、貴方様の姿勢、そのようなことに
いつもよりも、気をつけてください。

ご自身が話したくないけれど話さなければならないこと、

お相手に是非とも伺っておきたいこと、

おそらくどちらも、デリケートで大変プライベートなことだと思います。ご自身の家族のことであったり、お相手のご家族の方のことであったりすれば、なおのことです。

いつでも、お相手に対するレスペクト、尊重する気持ち、を忘れないようになさってください。
これは、ご結婚が決まり、婚約者同士となっても、また、結婚生活が始まりご夫婦となられてからも、ずっと、です。お互いを信頼し、尊重し、第一の存在であることが、結婚の一番大切なことだと思います。

お相手が大切だと思っておられることは、それがなんであれ、大切にしてあげましょう。
また、そのことで敏感になってしまうことがあるのなら、気をつけてあげましょう。
ご自身が好きでない食べものをお相手が大好きだったら、好きでないとは伝えずに、お相手の召し上がってるのをニコニコ見ていましょう。