見切り発車でいい?

投稿日: カテゴリー: 未分類

ご結婚は人生のなかでも大きな決断であり、大きな出来事です。

それだけに、慎重になるのは当たり前ですし、疑心暗鬼に悩まされてしまうのも尤もでしょうし、夢を見てしまうこともあるかと思います。

どこまでお相手のことを知れば、結婚を決心していいのでしょう。いえ、どこまで知れば結婚を決心出来るのでしょうか。

決断力という言葉があるくらいですから、決断に際してはお一人お一人の違いが小さくないと思いますが、いつまでも決められない、決められないから進まない、のは明らかですね。

知り合われたその時から、いつかはその方と結婚するのかどうか、決める時が来ます。
逆説的に考えれば、決められないということは結婚を考えられないお相手なのかもしれません。

ある程度まで結婚の意思が固まりつつあるなかで、正体不明の小さな不安や、まだその方のことをよく知ってはいないのだと感じてしまって、
ハッキリと結婚へと舵を切れずにいるでしょうか?

いろいろと詳しく確認したい、
どんな小さなことでも聞いておきたい、
これまでのことをこれ以上ないほど知っておきたい、

と思ってしまいますか?

キリがない、と言えば、そうなのです。

ある時点で、というのが、どの時点なのか?
ある時点は、ある時点です。

見切り発車でいいのではないかと、思いませんか?

ご結婚されてこれから以降の人生、何が起こり何がどうなるのか?
想定外の出来事を共に乗り越えていけるお相手なのかどうか、
その一点に合格点を出せれば、その他は見切り発車でもいいのかも知れません。