結婚になにを求めているか?

投稿日: カテゴリー: 未分類

結婚したい。

と思うことはあたりまえのことなので、

どうしてそう思うのか?

だとか、

どうして結婚したいのか?

だとか、

どうして結婚しなきゃいけないのか?

だとか、

あまり考えないかも知れません。

もちろん、子孫を残し、お家の続いて行くことを実践しなければならないでしょうし、

財産の継続問題だってあるでしょうし、

また、ご両親を安心させたい、だとか、

人並みでありたい、だとか、

愛する人と巡り合い一緒になりたいというロマンチストもいらっしゃるでしょうし、

様々だと思います。

ですから、結婚している、という意味も、お一人お一人にとって様々であたりまえです。

ひとさまの結婚や結婚生活に関して、

そんなのはおかしな結婚だ、などと

言える方はどこにも居ないと思います。

別居していちゃおかしい訳でもなく、

奥様の稼ぎで生活しているのがいけない訳でもなく、

お子様のいないのが不幸なわけではなく、

外国籍の方だから問題がある訳ではなく、

また、

お金目当てで結婚するのはいけない事ではないですし、

美しさだけに惹かれて結婚したっていいのですし、

年齢が親子以上に離れていても、

いいのです。

重要なのは、ふたりが、それを良しとしている事です。

つまり、結婚とは、個人的な事です。

戦国時代の政略結婚のようなご結婚もありますし、誰もが好きなように結婚できるわけじゃないでしょ?

とお考えかもしれません。

でも、ご結婚するのは、当人達、です。

ひとは、死ぬこと以外は、意志を持って行動し、いつでもやり直し出来るようになっています。

ですから、

ご自身がどんなご結婚をしたいのか、

明確に考え、実行してください。

どんな結婚でも出来るのです。

そんなのはおかしい、常識的じゃない、みっともない、恥ずかしい、などなど。

そのあたりに神経質になられたい方は、もちろん、それもいいと思います。その上で、ご自身が何かを諦めたような気持ちがするかも知れませんが、恐らくそれは錯覚です。