婚活は、ご自身の全人格の大掃除かも知れません。

投稿日: カテゴリー: 未分類

普段の生活で、会社の同僚の方や、あるいはご友人やクラスメイト、ご兄弟などご家族、などの人々から

「あなたのこれこれこういうところが、あまり良くないと思う。だから直したら?」

という言葉を受け取ることは、ほとんどないのではないかな、と思います。

また、ご自身で自ら、

「私は(僕は)これこれこういうところが、いつも問題を引き起こしている、改めないといけない」

と思うところがあるかもしれません。

しかし、人から言われようと、ご自身で反省になったりされようと、

喫緊の問題でない場合が大半かも知れません。

そして、誰も完璧ではないのだということから

どうあっても直していかないことには、友人やお仕事を失くす、というような危機に陥りそうなことはめったにないでしょう。

ですけれども婚活において、

あなたの性格や習慣のいろいろなところが、

急に気になってしまうかも知れません。

初対面の異性と二人だけでのお見合いや、

その後の交際進展の過程で、

お相手の反応や、仰る言葉や、振る舞い、

その様々があなたを小さく、或いは大きく、

傷つけたり、或いは喜ばせたり、するなかで

「自分の言ったことがいけなかった、、?」

「あのときの態度はどうすれば良かった、、?」

「あの場合、あの様な振る舞いで本当によかったのだろうか、、?」

などの思い過ごしや、考えすぎ、あるいは、逆に無神経すぎて、

本当に考えるべきことや、やるべきことから

遠ざかってしまうときがあるでしょう。

ご自身のお人柄の根本を自ら、疑いだし、価値観や習慣まで、変えていかなくてはならないように思い始めるかも知れません。

ある場合には、

ご自分のお人柄改造をされる、よい機会かも知れませんし、よりよい人生をご結婚と共に開いていく前段階の準備として、これまでの習慣や考えかたやお振る舞いの作法を考え直して改善していくときなのかも知れないですね。

でも、わたしは思いますが、

これまで曲がりなりにも社会人として、また、きちんとした成人としてやってこられた、あなた様なのであるから、

結婚する、という目的に縛られて

ご自分を見失うことのないように、なさって欲しい。

と思うのです。

お相手の良き影響で、趣味が変わったり、新しいことを始めたり、考えかたがすこし変わったり、行動パターンが違ってきたり、など、

わるいことではありませんし、それこそが、パートナーシップの良い面であるでしょう。

しかし、パートナーシップとは、お互いが、お一人ずつでも、確固とした個人であることが大前提です。

婚活のシーズンは、たびたび、感情や心が乱れたり暴れたりすることがあるでしょう。

でも、どんな時でも、

あなた様を守り、あなた様を愛し、あなた様の最大の味方は、あなた様ご自身。

ということを心に留めていてくださいね。